森の粘土のふるさと巡礼

吉野中央部 上市周辺

IMG_1384

先日「森の粘土教室」を主宰されている岡本みちやすさんと、教室の生徒さんら6名が、「森の粘土」のふるさと吉野を訪れてくれました。最初は連合会で吉野杉の原木を見て戴き、次は吉野中央木材で、製材風景と目立て場の見学。次は竹内製箸所さんで、製材された余材を使った製箸作業風景を見て、お昼は三奇楼で「なかたに」さんのお弁当を美味しく戴き、午後からは「吉野杉の家」をご案内。ここから吉野高校を過ぎて飯貝藤田を過ぎて、吉野山に向かう森の中で岡本さんや生徒さんの人形の撮影会。見事に森の粘土は森に溶け込んでいました。最後は吉野杉で作られた美吉野醸造さんの木桶を見学して終了。1日吉野の森⇒製材⇒割箸⇒森の粘土⇒森と循環しているまさに、吉野は昔からSDGsを実践していることを体験して戴きました。

« »