大津皇子の物語⑥ 鳥谷口古墳

スマイルバスで行く吉野

IMG_1279

悲劇のヒーローの大津皇子が眠るのかはどこか?万葉集に彼の姉である大伯皇女が「うつそみの 人にあるわれや 明日よりは 二上山を 弟背と わが見む」と詠っているので、大津の墓所は二上山にということが定説となりました。しかし、1983年『死者の書』の舞台である當麻寺にほど近い登山口、土地整備工事中に発見されたのが「鳥谷口古墳」です。近年考古学者の間では、山上にあるのは墓所ではないというのが定説になっています。我々のツアーでもこの「鳥谷口古墳」を大津皇子の墓所として案内する予定です。

« »