吉野離宮に遊ぶ①

吉野中西部 中荘・国栖方面

EPSON MFP image

「スマイルバスで行くディープな吉野」アンコール開催の翌日11月8日は、吉野ビジターズビューローの「吉野宮滝遺跡に学び、そして楽しもう」があります。昭和5年に末永先生が最初に宮滝遺跡に調査を着手。そして数年前には中東洋行さんが、聖武天皇時代の大型掘立柱建造物跡を発見するなど、宮滝が古代に果たした役割は大きいものがあります。吉野町ではこの宮滝遺跡を活用して多言語看板の設置や名所説明版、観光案内マップ等を設置する「賑わい創生プロジェクト」が進められています。今回はその宮滝の魅力を広く紹介するためのイベントです。このイベントの目玉は奈良をこよなく愛し、全国にその魅力を発信し続けている生駒あさみさんと、聖武天皇時代の大型掘立柱建造物跡発掘の現場担当した吉野町の学芸職員の中東洋行さんの対談です。吉野離宮には斉明・持統・元明天皇ら女性天皇が数多く訪れています。それらの視点と実際に発掘した立場からの吉野離宮の捉え方の対決が非常に楽しみです。

« »