映画「思い出の夏」

スマイルバスで行く吉野

思い出の夏

先日50年前の映画「ひまわり」を紹介しました。今日は49年前のアメリカ映画「思い出の夏」の紹介です。原題は「1942年の夏」です。海岸沿いに住む美しい人妻と、思春期の少年が結ばれるという映画ですが、本当に美しい映画でした。昭和27年といえば、日本は国民総出で戦争に取り組んでいた最中、当時の敵国アメリカはこんな日常があって、国力の違いを感じました。その中でも映画で流れていた曲が素晴らしい。ミッシェル・ルグランのテーマ曲「The summer knows」です。サウンドトラックでは一番好きな曲で、ジャズのスタンダードにもなっています。ミッシェル・ルグランは他にも、カトリーヌ・ドヌーブ主演の「シュルブールの雨傘」なども作曲していますが、マイルス・デイビスやジョンコルトレーンそしてビル・エバンスとのジャズセッションするなど、ジャズミュージシャンとしても有名でした。

« »