そうだ、吉野山に泊まろう

吉野の桜

滝桜

日本一の桜の名所・吉野山は、今まで数多くのピンチを潜り抜けてきました。明治に入り廃仏毀釈の嵐が吉野山に吹き荒れ、吉野山を訪れる人もいなくなり、人々は桜の木を伐採しようとしました。その時は土倉庄三郎さんの支援で、吉野山の桜は伐採を免れます。そして次は戦後です。食べるにも困った際に、再び桜が伐採される危機が訪れます。この時は、当時の野村證券の会長・瀬川美能留さんの多額の寄付により、この難儀を逃れることが出来ました。吉野山の桜は、今までに何回かの受難に会いながら、必ずと言ってよいほど神風(外の力)が吹いて助けられてきました。今回は今まで程ではないにしろ、現在新型コロナの影響で、バスや旅館のキャンセルが出ています。今こそ、外の力ではなく、地元の人間が出来ることはないかと思います。どこかに出かけたくてうずうずしている今、こんな身近に観光地があるのです。毎年なら人でごった返し、桜もゆっくり見られませんが、今年は日本一の桜を地元吉野人が楽しめる絶好の機会です。今年初めて観桜期の吉野山の宿をネット予約しました。今からとても楽しみです。皆さんも吉野山に泊まったり、食事をして地元吉野山の桜を愛でに行きませんか?

« »