第34代舒明天皇陵

スマイルバスで行く吉野

34代-4

桜井駅周辺から国道165号線を東には白外山で右折し、忍坂バス停あたりを左折すると、細い道に突き当たります。ここを左折しすぐに右折したどんつきにあるのが第34代舒明天皇陵です。ここもなかなかわかりにくい場所です。近くにいたおばさんに聞くと丁寧に教えてくれました。前に広い駐車場がありますが、宅配便がここでUターンするため、駐車場所は迷惑にならないようにと宮内庁の方の忠告です。

 推古天皇が崩御した時、継嗣を定めていませんでしたその時の権力者である蘇我蝦夷は群臣に諮った所、田村皇子と聖徳太子の息子である山背大兄王に分かれていることを知りました。山背大兄王は賢明である為、操りやすい田村皇子を立てて天皇にしました。それが舒明天皇です。御陵の形は極めて珍しい上円下方墳(2段で下が方形上が円形)です。

 

« »