第32代崇峻天皇陵

スマイルバスで行く吉野

32代

吉野からは西谷を越え、長い鹿路を抜け桜井まで続く道の途中の倉橋バス停の近くに「崇峻天皇陵」という石碑が道の左側にあり、家屋が並ぶ奥にあるのが第32代崇峻天皇陵です。崇峻天皇の即位した後も、政治の実権は常に蘇我馬子が握っており、次第に崇峻天皇は不満を感じるようになりました。ある時、を献上する者があって、天皇は笄刀を抜いてその猪の目を刺し、「いつかこの猪の首を斬るように、自分が憎いと思っている者を斬りたいものだ」と発言。そのことを聞きつけた馬子が「天皇は自分を嫌っている」と警戒し、部下の東漢駒暗殺をさせました。臣下により殺害された天皇は、確定している例では唯一です。御陵の形は円丘です。

 

« »