最後のスマイルバスで行くディープな旅

スマイルバスで行く吉野 吉野山を歩く

IMG_9414

最終回50回目のスマイルバスで行くディープな旅は、「南帝:後醍醐天皇の道」を取上げました。コースは蔵王堂手前横の「導きの稲荷」から始まり、後醍醐天皇が仮の御所として吉水院(現吉水神社)・後醍醐天皇の陵がある「如意輪寺」。そして南朝の天皇らの位牌をお祀りする「南朝妙法殿」。最後は後醍醐天皇をお祀りする「吉野神宮」と後醍醐天皇ゆかりのスポットを巡りました。その中でも金峯山寺始業長:五條永教師が語る説明。そして吉野神宮の東宮司が語る説明は、この両者のラインアップはスマイルバスで行くディープな吉野でしか味わえないディープな企画だと自負しています。スマイルバスで行くディープな吉野足掛け8年で50回を迎えました。最初は3年もしくは30回の予定でしたが、参加者の応援のお陰で50回を迎える事ができました。本当に有難うございました。そして役場総合政策課の皆さんには、全て伴走型支援を戴きましてありがとうございました。この企画はこれで終了しますが、参加戴いた方々に楽しかったと思って戴けたら幸いです。最後に参加者の山本夫妻と共に感謝の意味を込めたプレゼント、有難うございました。一生の思い出になりました。本当に50回に亘って参加戴いた方々、本当に有難うございました。

 

« »