奥の細道330年⑥ 出羽三山

スマイルバスで行く吉野

IMG_9227

大石田・新庄の次に訪れたのが羽黒山です。羽黒山は月山・湯殿山と併せて出羽三山の一つで、吉野山と同じく修験道の霊山です。しかし、明治の廃仏毀釈・修験道廃止令で、今は神社となっていますが、今も修験の山岳宗教の拠点として修験者の多くが訪れる山です。随神門から石段を下り、そこからは石段を延々と登ります。千年以上の爺杉の巨木の向こうに見えるのが五重塔。この国宝五重塔が今年の11月30日まで内部の一般開放をしていました。更に杉並木を登り切った所にあるのが「出羽山三神合祭殿」です。途中の杉並木まででも半時間くらいかかりますが、とても神々しい雰囲気でパワーを戴ける参道です。芭蕉の句には

羽黒山にて。 「涼しさや ほの三か月の 羽黒山」

月山にて。 「雲の峰 いくつ崩れて 月の山」

湯殿山にて。 「語られぬ 湯殿にぬらす 袂(たもと)かな」

« »