龍王社

スマイルバスで行く吉野

IMG_8693

薬師寺の白鳳伽藍の東南端に「龍王社」という小さな神社があります。この社は、天武天皇の皇子で謀反の疑いをかけられ、自害する事になった悲劇の大津皇子の怨霊を鎮めるため「大津龍王宮」とも呼ばれていました。知力と武に富んでいており人望のあった「大津皇子」を、いつか「見聞悠学の旅」で取り上げようと目論んでいます。スタートは壬申の乱以降、親子兄弟で争う事をやめようと誓った「吉野の盟約」の地宮滝。ここから彼の住まいのあった桜井市の吉備春日神社・吉備池廃寺。そして皇子の魂が眠る二上山。そして最後にこの薬師寺にある龍王社を尋ねます。又薬師寺には龍王社に呼応して東西端に同じく皇子の怨霊を鎮めるために「若宮社」も建立されています。吉野から薬師寺で終わる旅「大津皇子物語」、そんな旅ができたらいいなと思っています。

« »