道長の道③ 金照房跡

スマイルバスで行く吉野

IMG_8191岩倉観音堂から町道を戻り、丈の橋へ行く道に右折して暫く坂を上ると、左手に金照堂跡があります。ここも大規模に平地にするために土木工事がされた痕跡が見て取れます。地面にはよく見ると今でも瓦の断片を見つける事が出来ます。今回の大峰行に協力したのは、金照だったことが分ります。大峰山に着いた9日目の記載に、「御在所の僧坊の金照の房に着く。」又11日目に「金照の申すに依りて、石蔵に着くに金照の房に定まる。」と記されています。昨日の岩倉観音堂の写真と似ていますが別の場所です。又御堂関白記には、「其の寺は甚だ美やか也」と記され、名前の通り金が輝くようなお寺だったのかもしれません。道長の巡礼の時には、この金照は大きな役割を果たしたものと思われます。

« »