東吉野の句碑⑦ 鷲家

スマイルバスで行く吉野

鷲家

最後にご案内する句碑は鷲家です。ここは伊勢南街道が通る交通の要衝だった場所。同時に紀州藩の参勤交代では和歌山を出発して3番目の本陣があった場所で、八代将軍吉宗もここで泊まっています。宿駅がおかれた地でもあり、大和に現存する道標の中でも一番遠くの江戸を指す道標があります。この道標の前には八幡神社があり、ここにも林信子の句碑があります。「おのずから伊勢みちとなる夏木立」でここには巨大な杉の木がありました。林信子もこの大きな杉を見たのでしょう。

« »