東吉野の句碑② 丹生川上神社

スマイルバスで行く吉野

丹生川上2

奈良県を代表する神社の一つがこの丹生川上神社(中社)でしょう。天武天皇創建の神社は天皇との結びつきも強く、五穀の生命を司る雨師の神が祀られています。天皇の関わりから「吉野離宮」の比定地の一つにもなった場所です。そんな丹生川上神社には多くの句碑がありますが、東吉野が俳句の里となるきっかけとなった俳人:原石鼎の俳句「頂上や殊に野菊の吹かれ居り」があります。この句はこの神社を詠ったのではないですが、神武天皇ゆかりの地で天神を祭った鳥見霊畤跡で作句されたの。その意味では相応しい場所かもしれません。この東吉野の紹介は、東吉野で長年教育長をされ、天誅組の研究家でもある阪本基義先生執筆による「東吉野ガイド」を引用させて戴いております。またこの場所も先生にご案内戴きました。有難うございました。

« »