静御前アナザーストーリー2 二つ井戸・華籠神社

スマイルバスで行く吉野 吉野中西部 中荘・国栖方面

二つ井戸

二つ井戸大谷家を後にして次にご案内するのが「二つ井戸」です。「菜摘邨来由」によると、義経・静の二人は吉野山から菜摘の大谷家で暫く過ごしますが、義経は静を残して奥州へ旅立ちます。しかし静はいくら待っても迎えに来ない義経に落胆し、近くにあった井戸に身を投げます。その後長い間、静の亡霊が火の玉となって現れるので、たまたま飯貝に来ていた蓮如上人に済度を頼み、上人の法会でようやく成仏したと伝えられます。能「二人静」では、吉野山の勝手神社の神官が若い女性に菜を摘ませに行った菜摘で、若い菜摘女は静の亡霊と出逢うシーンがありますが、その能もここに伝わる伝承を元に作られたのでしょうか。

« »