5月のスマイルバスツアー 吉野駅

スマイルバスで行く吉野

吉野駅

この吉野駅も岩崎平太郎設計によるものです。川崎智生氏の著書「岩崎平太郎の仕事」によると、「木造による大和棟の屋根で、ホーム上屋は鉄骨でトラスが組まれ、改札上部の壁には先が尖ったイスラム風のアーチが連続している。それは木製の装飾によって作られており、一見ロマネスク風の印象が見られるものの、詳細に見ればインド・イスラームの意匠に通底する。」と書かれています。更に川島氏は「阪本仙次は、この鉄道のイメージをスイスの山岳鉄道になぞらえていて、大峰山を『大和アルプス』と呼称した宣伝がなされており、この地方を急峻な地形ゆえにアルプスに喩えていた。」とも書かれ、改札上部の壁にある意匠は、アルプスをイメージしたものかもしれません。この駅舎の屋根も吉野神宮駅同様『大和棟』を踏襲しています。

« »