金峯山寺結願奉納

吉野山を歩く

IMG_7208

昨日は長かった連休の最終日と共に、金峯山寺蔵王堂秘仏本尊御開帳の結願でもありました。今年は期間中に元号が令和に変わる節目を迎えという歴史的な春でもありました。一般参拝者が終わり関係者だけが締め切ったお堂の中で結願法要に続き、山村流の山村若女・若瑞さ

んの地方舞の奉納が始まりました。シーンと静まり返った堂内に菊央雄司さんの三味線と地歌が始まった瞬間、日本人で良かったという不思議な感覚になりました。やっぱり日本の国軸の山にある金峯山寺には、日本の歴史を感じさせる古典芸能はよくあう場所だと感じました。

 

« »