水分神社の桜

吉野の桜

IMG_6872

一昨日の水分神社です。まだ咲いていないだろう思っていましたが、境内の桜は咲き始めていました。水分神社は子授けの神としても有名です。松阪から宣長の両親はこの神に詣で、この世に生を受けたのが本居宣長です。お礼参りと吉野の桜を訪ねた旅が「菅笠日記」。宣長は松阪から榛原・初瀬そして多武峰を越えて、千股・上市から飯貝へ渡し舟で渡り吉野山に入り水分神社に着きました。この時「菅笠日記」には、神社の門の前にも桜が沢山あって、今が満開である。と書かれています。まだ鳥居付近の桜はまだのようでした。子守の申し子の本居宣長はやはり桜がこよなく好きで、松阪にあるお墓にシロヤマ桜が植えられていました。

 

« »