ひとひらの太平記 カンブリア

スマイルバスで行く吉野

太平記

おはなしらんどカンブリアは、幼稚園、保育園、小学校、老人会など、おはなしを待ってくださっているところへ、人形劇や紙芝居そしてたくさんの歌を乗せて出前活動をする吉野町のグループです。結成して20年になろうとしています。最近は吉野に伝わる昔話や吉野の古典物をモチーフにした人形劇が増えてきています。「義経千本桜」や200年前に吉野で起こった農民一揆を題材にした「峠の歌魂」。そして後醍醐天皇が吉野にお入りになる前、天皇の皇子:大塔宮護良親王が吉野山全体を吉野城と見立て鎌倉軍と戦う太平記。その際親王を命を賭して身代わりとなり助けた村上義光・義隆の忠義をモチーフにした「ひとひらの太平記」が、ビジターズビューローの「見聞悠学の旅-大塔宮之吉野城を歩く」のツアーの中で、参加者だけの限定で上演されます。これは昨年9月開催予定でしたが、台風の接近で順延し3月10日に開催されます。順延された為若干空きがあります。このカンブリアの人形劇を目の前で見れる機会です。お問合せは吉野ビジターズビューロー(0746-34-2522)まで。

« »