中荘 水の伝説を辿る

吉野中西部 中荘・国栖方面

水の伝説

 200年前の1215(旧暦ですが)は、竜門騒動が起きた日で三奇楼でカンブリア人形劇「峠の唄魂」を開催しますが、この竜門郷とは大淀町や大宇陀の一部まで含めた大きなエリアでした。そして吉野町の中でも竜門地域だけでなく、矢治峠を越えた矢治も含まれていました。しかしこの騒動には矢治は参加しませんでした。この時矢治は何故参加しなかったかを知ることが出来るウォークイベント「吉野・中荘 水の伝説を辿る」です。そして開催されるのが正しく騒動翌日の1216日です。ウォーク途中では、矢治の不参加につながる龍の池伝説が残る「ヌノ宮神社」にも立ち寄ります。矢治側から見た「もう一つの龍門騒動」も考えてみませんか。申込みは12日位までは大丈夫だそうです。参加費は2000(弁当・保険料込み)で、他にも壬申の乱の出発の地や、静御前が逗留した伝説のある大谷家も案内してくれるそうです。お問い合わせは協議会:杉本さん(090-5643-5956)

 

« »