西行・芭蕉の足跡を辿る

吉野細道・芭蕉の句碑を歩く

IMG_5422

昨日はビューロー見聞遊学の旅「西行・芭蕉の足跡を辿る」を最高の秋晴れの元、講師ガイドは「吉野の知の巨人」の吉野歴史資料館長の池田先生が担当戴き開催しました。今年は西行生誕900年の年で、西行を追慕した町内の芭蕉の句碑10基もご案内しました。まずは「笈の小文」の際に詠った竜門の瀧での2句を。平尾で優しい農夫に泊めてくれた場所での1句。次には如意輪寺で後醍醐天皇の陵を見ての1句。お昼は湯川屋さんでの「西行鍋」を戴いて後、東南院の境内での1句。そして金峰神社での一句。そこからは厳しい山道を歩き上って下る西行庵の手前の苔清水で2句。そしてようやく紅葉の西行庵にたどり着くことが出来ました。最後は吉野山の町中を通って下千本駐車場付近にある2句を。全部で芭蕉の句碑全部で10基をご案内しました。昨日は温かい秋日和に誘われ、吉野山は春を思わせる観光客であふれかえり、バスは中々前に進むことも出来ない状況でしたが、無事予定通り旅程を遂行することが出来ました。今年「見聞悠学の旅」にご参加戴きまして有難うございました。来年も2月の「国栖奏を学ぶ旅」でお会いしましょう。

 

« »