人形遣い 勘緑さん

スマイルバスで行く吉野

IMG_5105

吉野には義経千本桜・妹脊山婦女庭訓などの歌舞伎で。そして能では二人静・国栖・吉野天人・嵐山など、日本を代表する古典芸能の中でも代表的な演目の舞台となっていますが、住んでいる地元はあまり知りません。しかし自分たちの吉野は文化歴史の宝庫である事を知って戴く為、一昨年から勝手神社で「吉野 古典芸能を楽しむ集い」を開催しています。1年目は能勢文楽の鹿角座の皆さん。昨年は日本舞踊の山村若女さんにお越し戴きました。そして今年は文楽座に30年以上在籍し、人形浄瑠璃をもっと分かりやすく、もっと広く伝えたいという思いから木偶舎を立ち上げ、山下洋輔や坂田明などジャズミュージシャンとのセッションや、大地の芸術祭など現代アートの中で上演するなど、様々な挑戦的な活動をされている勘緑さんをお迎えしての開催予定です。現在シリア難民俳優との共演で、日本中を公演している最中に、一昨日は大阪の稽古場まで打合せにて伺いました。1123()に勝手神社での開催で、詳細は後日にお知らせします。

 

« »