Visionの撮影現場 細峠

スマイルバスで行く吉野 吉野北部 龍門・中龍門方面

IMG_4272

昨日はスマイルバスで行くディープな旅は、「映画Visionの撮影現場を行く」でした。ガイドは7代目山守で、今回の映画のモデルともなった中井章太さんにご案内戴きました。まずは中井家のルーツである細峠地区。昭和27年には3軒となりましたが、その後中井家も西谷へと下り細峠地区も廃村となりました。そこは標高700m以上の場所で上市からは3~5度は涼しく、暫く歩くと石仏や庚申塔や屋敷跡が現れ60年ほど前までは集落だった面影を残しています。そして集落の中心部だった「モロンジョの木」の場所にやってきます。フランス人のエッセイスト(ビノシュ)は薬草(Vision)を求めてここまでやってきます。そしてこのモロンジョの木に出会います。昔ここは薬草園でもあったようです。そしてモロンジョも、その実を乾燥させると生薬になるといいます。そして映画のクライマックスにはこの周辺が火に包まれます。これは野焼きによって森が再生することをイメージしたシーンです。実はこの場所は、火の神様を祀った「火産霊神社」の跡地だったということが、あとになってわかったそうです。

« »