人形劇「ひとひらの太平記」

スマイルバスで行く吉野

IMG_1778

9月30日に開催の見聞悠学の旅「大塔宮の吉野城を歩く」の目玉は、

宮の身代わりとなって仁天門で自害し、大塔宮を北条軍から逃がした村上義光。そして下市町才谷手前で北条軍に追いつかれ、父と同じく身を挺して宮を逃がした村上義隆。この村上親子の忠臣ぶりを物語にした地元人形劇団「おはなしらんどカンブリア」の方々による人形劇「ひとひらの太平記」をツアーの方々に見て戴きます。ツアーの途中でテーマに相応しい人形劇を見て戴くのが今回のサプライズです。既に定員には達しておりますが、参加者の方には今回の企画を楽しんで戴ければと思っています。「見聞悠学の旅」新境地を是非お楽しみ下さい。そしてカンブリアの皆さん、宜しくお願いします。

 

« »