壬申の乱を辿る②

スマイルバスで行く吉野

❸

壬申の乱を辿るツアー2日目、四日市の「くるべ古代資料館」から始まりました。ここには久留倍官衙遺跡と同じ位、「壬申の乱」の事が詳しく紹介されています。館内の説明の後、四日市教育委員会の清水学芸員の案内で、天武天皇の遥拝所で向かいました。そこに大海人皇子が時空を越えて降臨しました。このツアーには「進撃の大海人」のTシャツを着てこられた方が2名。そして山口千代子監修の元、時代考証まで完璧のまるごと衣装で大海人になりきった方が参加され、ツアー一行は大いに盛り上がりました。その後、一行は関ヶ原の「野上行宮」「不破の関資料館」と進み、ここ不破でツアーは終了しました。壬申の乱の大勢はここで決したからです。今回も池田先生の臨場感溢れるお話しは勿論の事、参加者一人一人が大海人や鵜野になり切り、参加戴いた事が一体感を醸成して戴きました。今回参加戴いた参加者おひとりおひとりに感謝したいです。そして今回の企画を採用戴いた吉野ビジターズビューローにも感謝致します。皆さんまた「見聞悠学の旅」でお会いしましょう。

« »