岩崎平太郎の建築⑦ 天理教敷島大教会

スマイルバスで行く吉野

敷島大教会

岩崎は桜井にある天理教の敷島大教会の建設も関わりました。敷島大教会は天理教のなかでも最も大規模な木造建物です。昭和二年に起工し、三年の歳月を費やして出来た教会は、間口23.4m。奥行41.4m。高さ24.24mで、その美しさは見るものを魅了します。又神殿の西にある正門は、首里城の守礼門を彷彿させます。

« »