東海道宿場 52番草津

スマイルバスで行く吉野

IMG_2355

いよいよ東海道も52番目の草津に入ります。草津は東海道と中山道とが分岐合流している交通の要衝でした。今でも草津は滋賀県の中でも大津市に次ぐ大きな街で、草津駅周辺は駅前整備がされていますが、すぐに目がつくのは「草津宿」という大きな石碑です。更に歩くと立派な道標が見え、その斜め右にあるのが草津宿本陣です。本陣の建物は郡役所や公民館として使用されていましたが、江戸時代の旧姿をよくとどめているとして、昭和24年(1949)に国の史跡に指定されました。現在、全国に残る本陣の中でも最大規模を有しており、当時の面影を今に伝えています。京都まではあと少しです。

« »