海老蔵 蔵王堂に舞う

吉野山を歩く

観客

東西一の人気歌舞伎役者:市川海老蔵を見る為に1300人の人が、金峯山寺蔵王堂に集いました。歌舞伎はやはり見た目にも華やかで分かりやすい伝統芸能です。そしてスターを次から次へと輩出し、これがますます歌舞伎人気を支えます。その中でも海老蔵は別格で、多くの人の心をとらえています。彼が蔵王堂の舞台に立つと、その存在感は他を圧倒するものがありました。メイク(化粧)をした海老蔵もいいですが、素顔での素踊りも良かったです。髪型・頭の形やりりしさは誰かに似ているなと思ったら、思い出しました。そうです。蔵王堂の前の中井春風堂の主人:中井孝嘉君でした。今回は国民文化祭の応援事業で行われました。吉野では大淀町の「現代能」といい、吉野町の「歌舞伎」といい、どちらの伝統芸能もよかったです。

« »