吉野山の桜を再生する事

吉野の桜

P1210114

昨日吉野山の花見塚で、ダイワハウス・保勝会主催で、吉野山の櫻の再生ワークショップが開催されました。講師は庭師で自然環境再生の専門家である高田宏臣さん。桜を元気にするには土壌環境を改善する事。つまり土に空気を入れ、水脈を回復させ、微生物を生かしてふわふわにすることで、土壌環境は大いに甦るといいます。そして櫻だけを植えないで、杉などと混植することが良いようです。最後に実際、60cm程度掘った穴に、枯れた枝や落ち葉と炭を入れ、木の幹を井桁に組み、その上に盛り土をして3~4本のサクラ苗を植えました。その作業を我らが吉野の庭匠:大西秀明君らが実演してくれました。櫻再生には色々なアプローチがあるようですが、高田メソッドは実に分かりやすく理にかなったやり方のように感じました。いまや日本だけでなく、世界の宝となった吉野山の櫻を元気にする為、多くの人が協力戴いています。本当にありがたいことです。

« »