全国のローカル線信州地方その1 しなの鉄道

スマイルバスで行く吉野

しなの鉄道

しなの鉄道は、県内で北陸新幹線並行在来線を経営する第三セクター鉄道事業者です。近年多くなったのは、新幹線が出来たから在来線は地域でなんとかやって下さい第三セクター鉄道です。新幹線が出来るのは、観光客の利便性を図るのは新幹線はいいかもしれませんが、そのため地域住民の足にしわ寄せがくる事はよくあるケースです。長らく赤字経営が続きましたが、旅行会社HISの職員が社長に就き、様々な改革案・プランで大きく改善されました。このような路線は青い森鉄道、肥薩おれんじ鉄道などがあります。この「しなの鉄道」でも食堂列車「ろくもん」を運行させています。お馴染み水戸岡鋭治デザインの木をふんだんに使った車両が、地元名店シェフの料理を載せて、軽井沢~長野間を走っています。

« »