吉野の万葉歌碑を巡る

吉野万葉の歌碑を歩く

弓削皇子

「吉野の万葉歌碑を巡る」2番目の歌碑は、喜佐谷の民家の前にある弓削皇子の歌碑です。彼は天武天皇の第6皇子で、万葉集には8首収録されています。

「瀧の上の三船の山に居る雲の 常にあらむとわが思はなくに」

万葉集巻3-242

« »