ルーカス先生

スマイルバスで行く吉野

ルーカス

奈良県国際課のスタッフ:ボニック・ルーカス先生のお見舞いに行きました。自転車の事故のため暫くまだ安静が必要だそうですが、いたって元気で安心。カリフォルニア出身の彼は、本当に日本が好きで、学生時代に鹿児島や仙台などで暮らした経験もあり、3年前に外国人ALTとして吉野に赴任しました。そして昨年7月まで吉野中学等で子供たちに2年間英語を教えてくれました。その後昨年の7月、県の職員として採用されました。彼は学校以外にも、我々が行うインバウンド用観光のパンフレットや、HP作成にも力を貸してくれました。

現在カリフォルニアの高校生たちを吉野に呼ぼうと計画しています。吉野には手漉き和紙・和食に欠かせない割箸。そして奥深い吉野葛など、日本文化に根ざした仕事が吉野にはあります。吉野の手仕事を通じて日本の良さを感じてもらう計画です。吉野は日本そのものです。

その日の為にも早く良くなって下さい。ルーカス先生。

« »