醍醐寺のすべて-密教のほとけと聖教-」

スマイルバスで行く吉野

醍醐寺

先日奈良国立博物館に「醍醐寺のすべて-密教のほとけと聖教-」を見に行きました。これは大師山の大塚さんに戴いた招待券を戴いた事で

見る機会を得ました。醍醐寺と吉野はゆかりが深く、1594年に吉野の花見を見た太閤秀吉が、京都にその花見を再現したのがこの醍醐寺と言われております。さらに醍醐寺は真言宗系修験道の当山派で、吉野とも関わりの深い寺院です。展示は修験道と関わりのある展示のほかに、いかにも密教系の仏像である五大明王像は迫力があります。会期は9月15日までです。この機会に是非。大塚さん、今回はありがとうございました。

« »