古事記の吉野を訪ねる 善福寺

吉野山を歩く

善福寺

9月7日「古事記の吉野を訪ねる」ツアー⑥吉野山の善福寺

竹林院から蔵王堂へ向かう道で、桜本坊を過ぎてすぐに左に降りる小さな坂があります。まっすぐ進むと初代吉野鉄道社長の別荘であった「白雲荘」に突き当りますが、途中右側に善福寺があります。この本堂の裏の谷にあるのが「井光の井戸」です。険しい道を下りるとそこには4つの木に縄が張られ、そこにしめ縄が飾られています。そして横には「井氷鹿出現伝承地」という吉野町の標柱がありました。このツアー3つ目の井光となります。ここで池田館長が、テーマである井光と井氷鹿について深く語っていただきます。この機会に「古事記」の吉野を訪ねてみませんか?定員残りはあと少しとなりました。

« »