妹背山婦女庭訓の舞台を歩く 妹山

吉野の文楽・能の故地を歩く

吉野ビジターズビューロープレゼンツ「池田館長と行く妹背山婦女庭訓の舞台」最後はタイトルにもなっている妹山です。この景色は立野の河原から見た景色です。吉野川を挟んだ妹山(左)と背山(右)には、互いに雛鳥と久我之助という恋人達がいましたが、両家は仲たがいの家柄。政治的な背景もあり二人はあの世で一緒になる選択をする。まるでシェークスピアのロミオとジュリアットのようです。又吉野川を天の川に見立てたら、織姫と彦星。このツアーの翌日が7月7日の七夕の日となります。この吉野版ロミオとジュリエットとも言える妹背山婦女庭訓の舞台を旅してみましょう。妹背山

« »