吉野町の公的施設 吉野歴史資料館

吉野中西部 中荘・国栖方面

DSC_2221

吉野町にある公共施設その15、吉野歴史資料館です。資料館は平成8年(1996)4月に会館しましたが、平成5年に吉野町が作成した「吉野町博物館基本計画案」に基づき建設されました。当初は博物館を作る計画で、今ある施設は収蔵庫部分で、本来なら今の2倍以上の施設でした。その為に池田学芸員も招聘したのでした。しかし財政難から博物館になることはありませんでした。もしここに博物館が出来ていたら、ifの仮定の話ですがどのようになっていたでしょうか?博物館は出来ませんでしたが、池田先生と言う大きな宝を持つ事が出来たのは大きな成果です。

写真は昨年ここの中庭で被災した子供たちが映した「子供カメラマンプロジェクト」の写真を展示した時の映像です。夜には東側の大きな壁をスクリーンにして、大きな映像を映し出す事も行いました。ここでは子供たちへの屋外映画会や、近くの菜摘を舞台とした「二人静」の薪能など、持統天皇が天皇として数多く訪れたここの場所には無限の可能性があります。

 

« »