金峰神社

吉野山を歩く

丹治下神社

吉野大峯ケーブルバスの終点「奥千本口」で下り、その前の坂を少し上った所にあるのがこの金峯神社で、吉野山の総地主神でもあります。祭神は金山彦で、古来金峯山中深く埋まっている黄金を司ると言われています。金峯山は文字通り黄金が埋まる山とされ、「宇治拾遺物語」には、京都からここまで金を掘りに来た男の話が載っています。藤原道長がこの先の大峯山に黄金の経筒を埋納したことから、吉野と黄金を結びつける人もいたようですが、絶対に出ません。しかし20世紀の初めまで実際に掘りに来た人はいたようでした。

« »