峠を歩く② 細峠

吉野北部 龍門・中龍門方面

細峠

細峠は標高700mという高所にあり、

龍門山塊にある峠の中で最も高い峠です。

雲雀より空にやすらふ峠かな

禎享五年(1688)二回目の吉野入りを目指した芭蕉が

初瀬に泊った翌日、多武峰を経てこの峠に辿りつきます。

ここからは、山上が岳などの山々が幾層にも重なりあい、

熊野まで続く山々の眺望は絶景でした。

トンネル入口からおよそ20分足らずで峠に着きます

« »