吉野細道 芭蕉の句碑を歩く⑪

吉野中央部 上市周辺 吉野細道・芭蕉の句碑を歩く

本善寺

芭蕉は「笈の小文」の際に、吉野山で3日泊った後、

吉野山を下り飯貝の「松六」という醤油屋さんで、泊ったとされます。

この松六さんというには、吉野葛を使った銘菓「吉野拾遺」等で有名な

飯貝の松屋本店さんです。

「飯貝や雨に泊りて田螺きく」

この句碑は、先代の社長である尾上六治郎氏が、屋号を田螺庵として

芭蕉を慕い、建立したものです。

尚、文字は俳人・水原秋桜子のものです。

スマイルバス停は桜橋南詰です。

« »