吉野の地名③

吉野中央部 上市周辺

千股

吉野町千股の地名の由来です。千股は古くは細峠、龍在峠、芋峠、吉野川辺に至る伊勢街道の要所の総称でした。吉野町史によると、チマタのチは「道」または「津」に通じる語で、道又は道の分岐する所、辻と同義であると書かれています。ここから伊勢へ、高野へ、吉野へと行くことが出来ます。又この千股を大海人皇子が、持統天皇が、長屋王が通りました。

« »