そうだ貯木へ行こう⑥

吉野中央部 上市周辺 近鉄吉野線百周年ゆかりの地

ラビットカー

吉野の貯木に引込線が出来る前の話です。

明治後期になり、日本各地で鉄道が敷設されるようになりましたが、

吉野に鉄道が来るには時間がかかったようでした。

1899年(明治32年)に、土倉庄三郎さん他で「吉野鉄道㈱」は設立

されたものの、鉄道建設は遅々として進みませんでした。

しかし、阪本仙次(吉野材木銀行頭取)らの努力の甲斐があり、

1912年(大正元年)に、現在の吉野口駅から六田までの開業に

こぎ着きました。翌年には吉野軽便鉄道から、吉野鉄道となりました。

この時から今年で100年が経過しました。

« »